カズブロ

【カズブロ】KAZ ブログ 写真ACの推移・旅・日常・会社など  日々の出来事 いろいろな情報をざっくり提供

DJI Osmo Action 防水ケースを購入してみました

 ※Osmo Action 防水ケース

 

DJI公式オンラインショップ6325円

PayPayフリマ4488円(同じ純正品)

迷わずPayPayフリマで購入して翌日すぐに届きました!

 

水中ドローンがあるのですが、もう少し気軽に防波堤から水中映像を撮影してみようと思い

Osmo Actionは標準で11m防水があるのでそのまま沈めても問題ないのですが、本体を直接浸けるのに抵抗があったのであえて防水ケースを購入してみました。

これで60m防水になります。

・・・実際そこまで沈めることはありません

 

60mくらいのビルのイメージとして

「東京ミッドタウン ミッドタウンウエスト」

( 地上13階  高さ 66.1m)

こちらの屋上から地上まで降ろすとほぼ限界の深さになります。

 

 

 

概要

高強度ガラスを搭載した防水ケースにより、Osmo Actionを水深60 mまで保護するので、安心して水中での撮影を楽しむことができ水中での撮影時には、放熱口によりOsmo Actionの過熱や曇りを効果的に防ぎます。

同梱物
Osmo Action 防水ケース × 1

Osmo Action 止めねじ × 1

Osmo Action クイックリリース ベース × 1

曇り止めインサート ×2袋

 

仕様
Osmo Action 防水ケース

サイズ:46.4×70.9×76.4 mm

重量:92.1 g


Osmo Action 止めねじ

サイズ:23×13×55 mm

重量:11.3 g


Osmo Action クイックリリース ベース

直径 × 高さ:35×26 mm

重量:10.5 g

 

初めて見るものに「曇り止めインサート」=「アンチフォグプレート」といわれるものが同梱されており、用途として低温あるいは湿度の高い環境でのレンズの曇りを防止する物のようです。

この「曇り止めインサート」半永久的に繰り返し利用できないようで消耗品なのですが、DJIストアでAction用は販売されてないのでWEBで調べると似たような商品がヤフーショッピングにて245円(送料別)で販売していましたので、次回購入する場合はこちらで良いのかなぁと

※少し写真が大きいのですみません

まだケースを購入してから沈めていませんので実際この日曜日にでも沈めてみようかと企んでいるのですが、ロープかなにかないと沈めることができないのでホームセンターか釣具屋さんにで適当な商品がないか探してみます。

 

 

www.kzjp.work

 

 

www.kzjp.work

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ にほんブログ村